エルサルバドル、ビットコイン法廷通貨化とセキュリティートークンによるデジタル経済園構築。

エルサルバドル、ビットコイン法廷通貨化とセキュリティートークンによるデジタル経済園構築。
Advertisement

目次

1.エルサルバドル、ビットコイン法定通貨へ

2.エルサルバドル、セキュリティートークン活用へ

3.エルサルバドルの経済成長とセキュリティートークン

1.エルサルバドル、ビットコイン法定通貨へ

2021年中央アメリカの小さな一国エルサルバドル。その一国がビットコインを法定通貨にする事を発表した。そして可決に至り、2021年9月7日に施工するという発表がされた。使用は個人の任意とも発言されている。

これは歴史上初の出来事なのである。ビットコインという存在が認知され世界初であり人類史初のデジタル通貨が法定通貨へとなるのだ。多くの評論家は理解する事に至らず【個人の意見】を述べている状態となった。

多くの評論家は理解をせず(しようとせず)表面を評価しただけなのだ。ビットコインでありブロックチェーンの可能性を知っていればその考えも変わるであろう。だが、きっとそれは難しいのだ[豊な国でさほど不自由ない人達には理解出来ない]と思うからだ。

世界には円やドルの様な安定した法定通貨を持った国が少ない事や銀行口座を持たない(持てない)人の割合の方が多い事を考えて、如何にビットコインというデジタル通貨がその国に恩恵を与えれるかを考えないといけないと思う。ボラティリティーの話ではないのだ。

2.エルサルバドル、セキュリティートークン活用へ

BlockstreamCorpがエルサルバトル政府にデジタル債権の発行の提案をしたという記事が出てきました。明確には記事内に書かれていませんが、デジタル債権は恐らく国債ではないかと予想する。上記記事でも記載のあるビットコイン法定通貨に伴い国債をSTする事になれば、市場より多くの関心を寄せるのではないかと予想される。

ビットコインを法定通貨にしたエルサルバドルの国債がST化され世界で取引が可能になれば、投資している私達からすれば『エルサルバトルはビットコイン(ブロックチェーン)により経済的に成長するのではないか』という思考が少しでも生まれるのではないかと考える。もし実用に至れば、恐らくその思考が思考を呼び市場は自然とその国へと投資資金が流入するだろうと考える。

また、そのSTが上場する先は非常に重要であり興味深い事項である。記事内ではTzeroやINXが紹介されている。もしこのSTが上場すればその取引所は注目を間違いなく大きく集めるだろう。

3.エルサルバドルの経済成長とセキュリティートークン

記事内でエルサルバドルの大統領ナイブ・ブケレ氏は暗号通貨会社起業家のための永住権を提供する予定と明かしている。また米国、中国の厳しい規制を加えながらエルサルバドルは暗号通貨を優遇した政策を提供していく事を発表した。

Advertisement

実際にトロン(TRX)の創設者ジャスティン・サン氏は、同国にオフィスを設立する最初の企業だと明かしている。

さて、そんな一国の経済成長はどうなるのだろうかと私は考える。単純に簡単に[ブロックチェーン技術により成長する]だ。やはり投資している身としてはそう感じざるを得ない。そしてその一国の国債がブロックチェーン技術により何時でもどこでも透明性を持って取引が可能となれば如何だろうか?私は少し興味がある。

そして目次2で話した内容があらゆる物に適用された場合、不動産、土地、企業、物が、あらゆる物がセキュリティートークンにて取引される様になるのではないかと考える。それが何を意味するか個人的な思考を個々に書くとする。

現在よりビットコインを法廷通貨にしデジタル経済園を構築するエルサルバドル。その一国では暗号通貨企業は優遇される。単純にあらゆる企業や投資家が注目するのではないだろうか?それは土地としてもビジネスとしてもだ。

エルサルバドルでSTOやIPO⇒成長を見越した個人投資家によるる投資活動⇒エルサルバドルの経済成長。それがループするのだと思っている。あらゆる物がそうなると思っている。例えばリゾートホテルだとしてもだ。ビットコインの税制面やあらゆる所での使用が可能。その様な国で高級なリゾートホテル付のバカンスを楽しみたいと思った人が一人でも要れば、投資家としてはそのホテルに投資をしたくなるのではないかと考える。そのホテルのSTが有れば可能なのだ。これは十分に叶う事だと思っている。

HOMEに戻る

Advertisement