侃侃諤諤

侃侃諤諤
Advertisement

タイトルまあぶっちゃけ適当です笑

投資について自分の考え方です。基本的にそのまま書きますのでマイナス表現を見るのが苦手な方は本記事を見ることをお勧め致しません。

目次

1.詐欺であろうが何があっても自己責任。

2.期待するな。信用するな。

3.投資と妄信するギャンブル。

4、情報はごく一部より

1.詐欺であろうが何があっても自己責任。

結論から書きますと。詐欺系やインフルエンサーのミラトレでの損失は100%自己責任でありマイナスになった場合は自身が悪い。

初心者が見たら買ってしまうような煽り文句。錬金術や○○の理由で上がります等々。何があろうと自分が判断して損失を出した場合は間違いなく本人の責任なのです。これは詐欺物でも同じです。現実で『この壺を買って1年後売れば倍額になります』と、何かと細かい説明されて購入し最終的に詐欺だった場合。こう思わないだろうか?『買う方が悪い、引っかかる方が悪い』。常識的に詐欺を行う人が悪いのは間違いない。法令上でも勿論罰せられる。だが、最終的にはその様な物を【良い】と判断し購入に至った自分の思考が間違いなのだ。保証されない以上は自己責任の世界だ。

法律により保護され資金を取り戻せるのなら良いかも知れないが、そうでない場合は考えるべきだ。結局は結果が全てだ。

2.期待するな。信用するな。

自分以外の人間の行動や反応に期待をするな。自分の意志以外で決まる事には絶対期待も信用もしてはいけない。何故なら失望や損になるからだからだ。人という生き物は一人一人違うのは勿論で、その中にはお金を儲ける為に人を騙す人なんていくらでもいる。もっと言えば命を奪う人さえもいるではないか、なのにバーチャルな存在に期待し信用するのは最も愚かだ。リアルな世界なら猶更だろう。人は裏切る。そう思うべきだと思う。

最終的に信用しても良いのは自分とお金。

Advertisement

3.投資と妄信するギャンブル。

投資と言いながらギャンブルに期待している人。価値が無い物をこれから価値が出るという盲信や偏った思考による投資ではないギャンブル投機の市場。トークンの存在=社会に影響を与える。という事は基本的にないというのが私の前提の考えにある。これは、トークンはあくまでもトークンであり、技術その物の活用や制約された活動には結びつかないという事だ。

トークンが現実世界に影響を与えているのではなく、現実に存在する人による思考や活動や技術が現実に影響を与えているのだ。一部銘柄の技術が凄いという話があった場合でも、極論その通貨が取引所に無くてもその技術の応用は出来るはずなのだ。そう見れば一部のプロジェクトは果たして【中身がある】通貨なのかは良く考える必要がある。

【中身がある】様に見せた物は人の思考や活動によりギャンブルへと変貌する。

4、情報はごく一部より

仮想通貨はSNS必須という話があるが、これは私も正しく正解かと思っている。だが多くの人が間違っている部分が【一般人】に信用を寄せている所だ。自分と何も変わらない一般人バーチャルデータの情報を使って仕入れやトレードに生かそう等ギャンブルである。本当に投資で見ていくのなら公式とニュース関係のみで十分かと思う。

沢山情報を仕入れるのも良いが、多くは自身が持つ処理能力のキャパシティーをオーバーしている状態となっている。そして無駄な行為へと至るのだと考える。

HOMEに戻る

Advertisement