Symbol(XYM)上でのSTとSTO。金融革命を起こすセキュリティートークン。

Symbol(XYM)上でのSTとSTO。金融革命を起こすセキュリティートークン。
Advertisement

本記事はTwitterで呟いたsymbol上で発行されるセキュリティートークンの件についての簡易的なまとめと説明の記事です。本記事で使う言葉一覧。画像はクリックすれば元記事に飛ぶように設定しています。

symbol=プラットフォーム。 

XYM=ネイティブ通貨。

ST=セキュリティートークン(デジタル証券)。

STO=セキュリティートークンによる資金調達を行う行為。

INX=INXlimited(ST×暗号資産取引所)

Zaif=カレーを配布する日本の暗号資産取引所

目次

1.「Symbol」上でのトークン化とSTO発行。

2.「SYMBOL」で400万本のバーボンの資産担保証券を発行へ。

3.「Symbol」上で構築されたバーボンウイスキーのSTがINXへ上場確保。

4. XYM国内唯一の上場先zaifの一般社団法人日本STO協会 賛助会員入会。

5. エンジニアさんによるsymbolを使った開発。

1.「Symbol」上でのトークン化とSTO発行。

公式の記事になります。記事内容的には、symbolで簡単に安全なセキュリティー内でSTの発行が出来る事と、DeFiによる資金調達の限界が存在するという内容が記載されています。

DeFiは匿名による物が殆どの中、STOは性質上非常に透明性が高く、企業や資本家、規制による制限をされにくく、STOによる資金調達はDeFiを超える可能性があるという事だ。

2.「SYMBOL」で400万本のバーボンの資産担保証券を発行へ。

此方ではWave FinancialのバーボンSTの発行でNEMグループとの提携が発表されています。また記事内に記載のある文面を見ることでsymbolのポテンシャルの高さが伺えるだろう。

Wave FinancialのCEO、デイビッド・シエマー氏は当初はETH(イーサリアム)基盤での開発を検討していたとの事。またETHからsymbolへ移行した時にこう述べている「ネットワークアーキテクチャの最前線でセキュリティトークンを発行する技術的能力により、自然な適合だった」つまりはETHよりも良いと判断しsymbolでの開発に至ったのだという事だ。

此方は公式の記事です。少し内容が難しいのですが、symbolは性能が良いので選ばれました。ウイスキーは熟成までに時間が掛かるのでキャッシュフローが難しい。STによる取引により今までにない高い流動性を得ることが出来る。ST化する事で小分け購入、24時間取引、納税や法律に影響しないというメリット。そして最後に、Wave Financial は資産担保トークンのベストオブクラスTADS(Tokenized Assets & Digitization Securities) 賞を受賞しました。という内容である。

この内容でも特に私が気になったのはお酒特有の税や法律だろう。この事項を気にすることなく投資を行う事が出来る様になる事は企業側や投資家目線からもとても良い点だろう。

3.「Symbol」上で構築されたバーボンウイスキーのSTがINXへ上場確保。

記事文章引用:Wave Financial Group のウィスキー ファンドは、年末までにウィスキーをさらに購入する準備を整えているため、INX のセキュリティおよび仮想通貨プラットフォームへの上場を確保しました。

記事内にある文面から[複数の場所の1つになります]という言葉から、もしかしたらINX以外にも上場の可能性は有りますね。

記事内の5年間(後?)での大きなリターンをもたらす可能性があるという部分は、私が考えるにウイスキーは熟成期間が必要なのですが、バーボンの場合は熟成期間が短めなので熟成が進み価値が上昇(ST)5年後ぐらいの出荷という形での高リターンがあるという事かと推測する。

4. XYM国内唯一の上場先zaifの一般社団法人日本STO協会 賛助会員入会。

カレー作っている取引所のzaifさんですが、STO協会に賛助会員入会しています。因みに賛助とはその事業の趣旨に賛成して力ぞえをすること。みたいです。

この記事単体だとそこまでな内容かも知れませんが、上記の事項幾つかに登場しましたsymbolことXYMを国内唯一上場取引しているのはZaifさんだけになります。そのZaifさんがSTO協会に入会しているとなるとsymbolの活躍も期待出来るのかも知れませんね。

5. エンジニアさんによるsymbolを使った開発。

とりあえず凄いですww 是非URLに飛んでください!! 

これはXYMのハーベストを行う設定の時の過程をRPGツクールというゲームで出来る様にした様です・・・w

HOMEに戻る

Advertisement